Anker PowerCore 20000 Reduxはスマホをハードに使用するのに最適

1 min 0 views
たくお

たくお

どーも、たくお、です。就労移行支援事業所を経て外資系総合人材会社に就職しました。音楽は、ユニコーンと奥田民生、スピッツ。食べ物は、ラーメン・つけ麺が好きです。チーズが食べられません。2019年6月から禁酒中です。

どーも、モバイルバッテリー大好きの、たくお、です。

最近購入した、Ankerのモバイルバッテリーがとても使いやすいので、ご紹介します。

Anker PowerCore 20000 Reduxはその名の通り、20000mAhの超大容量です。

iPhone XSは5回以上、iPad Pro(11インチ)は約2回の充電が可能

2000mAhの超大容量ですから、iPhone XSは5回以上、iPad Proは約2回の充電が可能です。

十分すぎる容量で、しかも充電ポートは2つ(USB)備えているので、1人で使用することはもちろんOK。家族やパートナーと使用することもできます(各ポート2.4A、2ポート合計最大4.8A)。

IMG 0009
2つのUSBポートを備えています

iPhoneとAndroidで使用することも可能です。

Anker PowerCore 20000 Reduxの重量は362g

重量は362gですから軽いとは言えませんが、この容量ですからしょうがないですね。

でも、スマホをハードに使用する人なら、スマホの充電がなくなることを考えると20000mAhくらいの容量があった方が安心です。

IMG 0011
テレビのリモコンと比較してみました

 

IMG 0012
厚さも比較してみました

それでも、という人は、Anker PowerCore 10000 Reduxを検討してみてはいかがでしょうか。

重量は、184gで約半分の重量です。iPhone XSで約2回の充電ができますから、普段使いであればこの容量で十分という人もいると思います。

万が一の備えに〜災害用としても

日常的に持ち歩くのではなく、災害用として自宅に置いておくという使用方法もあります。

「大は小を兼ねる」ではありませんが、災害用であれば出来るだけ容量が大きい方がコスパがいいですね。

まとめ

「いざ」という時のために、1つはモバイルバッテリーを持っておきたいですね。

モバイルバッテリーは常に進化を続けていますし、安全性も向上しています。

最近のモバイルバッテリーは長く使用できますが、考え方によっては「消耗品」です。

定期的に見直し、買い換えることも検討してみてはいかがでしょうか。

たくお

たくお

どーも、たくお、です。就労移行支援事業所を経て外資系総合人材会社に就職しました。音楽は、ユニコーンと奥田民生、スピッツ。食べ物は、ラーメン・つけ麺が好きです。チーズが食べられません。2019年6月から禁酒中です。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です