【就労移行】パソコンスキルをどの程度まで高めたら良いのか。Word、Excelの基本操作は最低限必要

3 min 0 views
たくお

たくお

どーも、たくお、です。就労移行支援事業所を経て外資系総合人材会社に就職しました。音楽は、ユニコーンと奥田民生、スピッツ。食べ物は、ラーメン・つけ麺が好きです。チーズが食べられません。2019年6月から禁酒中です。

どーも、なかなかパソコンのスキルが高まらない、たくお、です。

私が通所していた就労移行支援事業所では、パソコンのスキルを高めるためのプログラムは特に用意されていませんでした。

ですが、通所者の多くがパソコンのスキルを高めたいと思っていたんですね。

それは、就職する時に有利になるという理由からです。

確かに、パソコンのスキルが高い方がアピールできますよね。

私が入社した会社でも面接時にアンケートという形でパソコンスキルを問われました。

働く未来をあきらめない就労移行支援【パーソルチャレンジ】

仕事復帰を全力サポート | 就労移行支援のMelk

職場定着率90%!うつ症状専門の就労移行支援【シゴトライ】

統合失調症専門の就労移行支援【リドアーズ】

発達障害の方の「自分らしく働く」を徹底サポート【リンクビー】

安心材料としてのパソコンスキル

どこまでパソコンスキルを高めたら良いのかについては決まっていません

応募する会社が具体的に決まっているのなら調べることはできます。

しかし就労移行支援事業所に通所している時点では、まだ具体的に決まっていません。

決まるのは就労移行支援事業所の最期の時期だからです。

極端なことを言えば、パソコンを使用しない会社に応募するかもしれません。

ですから、パソコンスキルを高めるということは就職するための準備段階としての「安心材料」ということになります。

MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)が一般的

私が通所していた頃は、MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)を受験することが一般的でした。

事務系の仕事をするのであれば、パソコンを使用しますからMOSの勉強をすること自体がスキルアップにつながります。

また、合格すればパソコンのスキルを客観的に証明されます。ですから、就職時に有利になるというわけです。

もちろん、履歴書に記載してパソコンスキルをアピールすることもできます。

試験は月1〜2回行われていますから受験しやすいと言えるでしょう。

難点は受験料です。1科目税込で約1万円必要となりますから安いとは言えません。

MOSが役立つか?

資格を得たからといって役立つとは言えません

もちろん、就職時にはアピールポイントとなりますから、この時点で役に立つと言えるでしょう。

実際の仕事に活かせるか、ということは就職してみないとわかりません

しかし、受験するために勉強したことも含めてなんらかの形でパソコンのスキルアップが役立つことはあります。

仕事に直接関係なくても、MOS試験で得た知識は仕事の効率化など間接的に役立つことがあります。

その意味に限っては、MOSを受験しなくても、MOS受験勉強をすることが役立ちますよね。

資格を得たということは客観的にパソコンスキルを証明することができますが、それだけの違いです。

パソコンスキルはどこまで高めたら良いのか

分岐点は履歴書に記載できるかどうかで判断することになります。

MOSであれば、合格することで履歴書に記載することができます。

MOSに合格していないけどパソコンスキルはそこそこあるという人は、履歴書の「資格・免許」欄には記載できませんが、「趣味・特技」欄には「特技・パソコン」「趣味・自作パソコン」などと記載することができます。

このように考えると、どこまでパソコンスキルを高めたら良いのかについては悩ましいところですね。

ただ、WardやExcelをまったく使えないという人は、MOS以前の話ですから基本的な操作方法は習得しておくべきでしょう。

最近はPowerPointを使用してのプレゼンが一般的なっていますから、PowerPointの基本的な操作方法も忘れずに

自習時間を有効に使ってパソコンスキルを高める

就労移行支援事業所によって呼び方は違うかもしれませんが、私が通所していた事業所では自由時間を「自習」と呼んでいました。

この時間に、資格試験の勉強やプログラムの振り返りなどを行なっていました

多くの就労移行支援事業所ではプログラムの予定が1か月ごとに決まっていますから自習時間も自ずとわかるはずです。

自習時間を有効に使うために計画を立てることをお勧めします。

まとめ

パソコンスキルを高めると言ってもどの程度まで高めたら良いのかについてはMOS試験に合格するかが1つの指標になります。

しかし、MOS試験を受験するには約1万円必要です。就労移行支援事業所に通所している身としては1万円の支出は痛いですよね。

ですから、MOSの勉強を行なっておけば良いと思います。

受験しなければ合格もありませんが、確実にスキルアップはしますから。

私が就職した実感としては、MOS資格は必要ないけれども、ある程度のスキルは必要だということです。

もし、不安なことがあれば、就労移行支援事業所の職員に相談してみると良いと思います。

働く未来をあきらめない就労移行支援【パーソルチャレンジ】

仕事復帰を全力サポート | 就労移行支援のMelk

職場定着率90%!うつ症状専門の就労移行支援【シゴトライ】

統合失調症専門の就労移行支援【リドアーズ】

発達障害の方の「自分らしく働く」を徹底サポート【リンクビー】

たくお

たくお

どーも、たくお、です。就労移行支援事業所を経て外資系総合人材会社に就職しました。音楽は、ユニコーンと奥田民生、スピッツ。食べ物は、ラーメン・つけ麺が好きです。チーズが食べられません。2019年6月から禁酒中です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です