会社はコミュニティーの1つ。人付き合いが悪く嫌われても気にすることはありません

2 min 0 views
たくお

たくお

どーも、たくお、です。就労移行支援事業所を経て外資系総合人材会社に就職しました。音楽は、ユニコーンと奥田民生、スピッツ。食べ物は、ラーメン・つけ麺が好きです。チーズが食べられません。2019年6月から禁酒中です。

どーも、会社での人付き合いは程々にしている、たくお、です。

私が利用していた就労移行支援事業所では「会社は友達をつくる場ではありません」ということが強調されていました。

[st-kaiwa1]確かに会社は友達をつくる場ではありません[/st-kaiwa1]

私が人付き合いを程々にしているのは「めんどくさい」からです。

会社に在籍している期間が長くなればなるほど同僚との関係は「濃密」になります。

しかし私は嫌われてもいいので「濃密」な関係は築きたくありません。

人付き合いが上手くないという理由

私が会社での人付き合いを程々にしているのは「めんどくさい」という理由とともに「人付き合いが上手くない」という理由もあります。

人付き合いが上手くないからめんどくさいのか、めんどくさいと思うから人付き合いが上手くないのか。

いずれにしても会社の同僚とは挨拶や仕事をする上で必要最低限の会話しかしません。

仕事をする上でのコミュニケーション能力は劣っているとは思いませんが日常会話をするのは苦手です。

今日もほとんど会話はしませんでした。

可能であれば「個室」で仕事がしたいと思っているほどです。

嫌われてもいいと思っている

私は以前から「嫌われることのすゝめ」を人に説いてきました。

「人に嫌われたくない」と思って無理をするよりも、「嫌われた」ほうが自由になれると思うからです。

嫌われたくないということは、言葉を変えれば「好かれたい」ということです。

無理をして「好かれたい」と思って行動するとどこかで歪(ひずみ)が出てきます。

以前の私は「好かれたい」とどこかで思っていて無理をしていたんですよね。

で、疲れてしまった。

だったら「嫌われてもいい」ので開放されたほうがいいと思うようになったんです。

だから会社での人付き合いを程々にしているのです。

「あいつ付き合いが悪いな」と思われてもどうってことはありません。

会社で求められる仕事をしていればいいだけのことですから。

所詮、会社は1つのコミュニティーである

人間は様々なコミュニティーに属して生きています。

家族、町内会、会社、市区町村、都道府県、日本、世界といったコミュニティーで。

こうしてみると会社は所詮、1つのコミュニティーに過ぎないことがわかります。

1つのコミュニティーですがそこで過ごす時間が長いというだけです。

1日9時間、週5日の時間ですから長いのは事実です。

でも、だからといって会社というコミュニティーで生きていく術(すべ)を見つけられなければ絶望が待ち受けているとは言えません。

会社での人付き合いを程々にして例え「嫌われても」生きていけます。

割り切ることが大事です。

まとめ

所詮、会社は色々あるうちのコミュニティーの1つです。

会社で友達をつくりたい人はどんどんつくってください。

でも、人付き合いは程々にしたいと考えてい折る人は「自分らしく」振る舞ってください。

嫌われても気にすることはありません。

求められる最低限の仕事をしていればいいのです。

たくお

たくお

どーも、たくお、です。就労移行支援事業所を経て外資系総合人材会社に就職しました。音楽は、ユニコーンと奥田民生、スピッツ。食べ物は、ラーメン・つけ麺が好きです。チーズが食べられません。2019年6月から禁酒中です。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です