SEOってどれだけ重要?学べば学ぶほど書けなくなるから学ぶことをやめて自分を開放してみた

どーも、マニュアル本を読むことが好きな、たくお、です。

2019年6月にWordPressでブログを再開して3か月になろうとしています。

で、ブログというとSEOが大事ということでテーマ選びも無料ではなくSEOに強いという有料テーマに変えたりしてみました。

テーマについてはお気に入りが見つかったのであとは記事を量産するだけです。

ということで、記事を書くにあたってSEOに強い文章はどうあるべきなのかについて学んでみようと思ったわけです。

ところが、SEOについて学べば学ぶほど文章が書けなくなりました。

なので、もうSEOなどについてのマニュアル本を読むことをやめました。

学べば学ぶほど書けなくなる?

本来であれば学べば学ぶほど文章が書けるようになるはずなんですよね。

でも私は違いました。

ブログの記事についてSEO的に良い文章、記事の書き方やブログ記事の題材の選び方などを学ぶとどんどん枠が狭まってしまったのです。

例えば題材選び。

10年後も読まれメンテナンスもほとんど必要としない題材選びでは、街中のカフェなどのお店の紹介記事は避けるべき、ということ。

理由は、お店の紹介記事だと、お店が閉店したりメニューや開店時間が変更になったりしたらその都度リライトしなければならないから。

私のブログではお店の紹介記事はありませんが今後は書くことを視野に入れています。

学んだことを実践しようとすると、お店の紹介記事は書けません。

求めている人が満足するような記事とは?

また、これもSEO的には大事なことのようですが、検索で記事を見つけて読んだ人が満足できるような内容と文章にすることです。

この視点は大事なことですが、そもそもブログを始めた理由によって書き方が変わってくるのではないかと思いました。

「人に教えることが好き」「ノウハウを披露したい」という人にとっては無理をしなくても息をするように文章を書くことができると思います。

しかし私は半分は自分のために書いているようなものですから「人に教えることが好き」とか「ノウハウを披露したい」と常に思っているわけではありません。

ですから、どうしても無理のある文章になってしまうのです。

これでは、何のためにブログを書いているのか分からなくなります。

思い切って学ぶことをやめて自分を開放してみた

このような経過ですから思い切って学ぶことをやめて自分を開放してみました。

数日しか経過していませんが気が楽になったように思います。

「今日は何を書こうかな」と考える時、学び真っ最中のときは「あれもダメ」「これもダメ」とどんどん切り捨ててしまって何も残らない状態でしたが「書きたいことを書けるように」なりました。

アクセス(PV)も気にはなりますけど書くことがない状態よりはアクセスが少ない方がマシです。

書きながら自分のスタイルを確立する

今はとにかく記事を量産することが大事です。

「書いて書いて書きまくる」とまではいきませんが定期的に記事を書くことにこだわりたいと思います。

記事を書きながら自分のスタイルが確立できれば良いのです。

「習うより慣れろ」ではありませんが記事を量産すればするほど上達するでしょう。

と、思っています。

また、どこかで学ぶときが来るかもしれません。

そうしたらその時に積み重なった記事を踏まえて見直したいと考えています。

もしかしたら一生、マニュアル本を読むことがないかもしれません。

それはそれで良いのです。

まとめ

私にはマニュアル本は合いませんでした。

もしかしたら選択した本が良くなかったのかもしれません。

相性の問題ですね。

でも今はこれ以上、マニュアル本を探すことはしません。

時間の無駄ですからね。

いつか相性の良い本が見つかり心底から「この本はスゴイ」と思えたならご紹介したいと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事