【就労移行】企業はどのような人物を求めているか。それは「休まない人」なんです

3 min 0 views
たくお

たくお

どーも、たくお、です。就労移行支援事業所を経て外資系総合人材会社に就職しました。音楽は、ユニコーンと奥田民生、スピッツ。食べ物は、ラーメン・つけ麺が好きです。チーズが食べられません。2019年6月から禁酒中です。

どーも、毎月の目標を「欠勤しない」と決めている、たくお、です。

私は2009年1月にうつ病を発症して結果、2005年11月に前職を退職しました。

で、就労移行支援事業所を利用(通所)して2017年11月に再就職しました。

今の会社に就職して1年10か月。この間、多くの「障害者」が就職し、残念ながら退職しました。

1年10か月の間で企業がどのような人物を求めているのか、わかってきました。

一言で言えば、企業が求めている人物は「休まない人」なんですよ。

[st_af id=”1378″]

「休まない人」とは。決められた勤務日に出勤すること

「休まない人」とは、決められた勤務日に出勤することなんですよね。

就職時にフルタイムか、時短勤務か選択できる会社が少なくありません。

ですから自分のベストなペースで勤務できる時間を見極めて選択することが大事になるのです。

就労移行支援事業所を利用(通所)している人は通所する中で自分の「出勤(通所)率」がわかっていますから、その実績に基づいて決めるのが良いと思います。

自分で(会社と相談しながら)決めた出勤日に出勤するということが会社での評価につながるわけです。

ただ実際に働いてみないと身体に与える負担などがわからないので慎重に決めることが必要です。

私はフルタイムで働き始めましたが、フルタイムでの勤務がキツかったので、1年前に時短勤務に切り替えました。

欠勤する、体調が悪いときは自ら申し出ることが大事

いくら気をつけていても体調を崩したりして欠勤することが起こりえます。

欠勤する場合は単に「欠勤する」というだけでなく、できるだけ詳しく身体の状態を伝えることが大事です。

体調が悪くなることは誰にでも起こりえます。

会社が知りたいのは「働いても大丈夫な状態なのか」「いつから体調を崩したのか」「体調を崩したきっかけは」などです。

そして会社として何らかの手をうつ必要があるのか、あるとすればそれは可能なのかなどなんですよね。

また欠勤するまではいかなくても体調が悪いときは自ら申し出ることが大事です。

欠勤するときと同様で体の状態を詳しく伝える。

その上で早退するのか、病院を受診したほうが良いのかなどを会社の担当者と相談することです。

欠勤するにしても、欠勤まではいかなくても体調を崩したときは、早めに身体の状態を会社側に伝えることが大事なんですよね。

合わせて就労移行支援事業所のスタッフにも伝えることです。

体調を崩した原因を探り次に活かすことが必要になるからです。

合同会社説明会でも「休まない人を求めている」と明言していた

私が就労移行支援事業所を利用(通所)していたときのことです。

別の就労移行支援事業所の主催で合同会社説明会が行われました。

複数の会社が一同に集まって会社の事業内容や募集要項などを説明する機会がありました。

そこで、ある企業の採用担当者が明言していたのは「休まない人を求めている」ということです。

体調が悪いなら悪いなりに仕事をする、いずれにしても「休まない人」を求めている。

通院のために遅刻・早退することは認められているから、「突然、休むということはやめてほしい」と明言していました。

まあ完璧なまでに出勤する人はいませんからあまり心配しないでください。

「会社を休まないこと」を第一義的に考える

就職をするにあたってはまず、「会社を休まないこと」を第一義的に考えるということです。

実際に働いてみないとわからないのですが、就労移行支援事業所を利用(通所)されている人は「欠勤」せずに通所できる日数と「勤務時間」が1つの目安になると思います。

多くの就労移行支援事業所は10時〜16時までですから、最初は10時〜16時までの勤務にして徐々に勤務時間を延ばしていくというのも1つの考え方です。

私はフルタイムから時短勤務に切り替えました。フルタイムから時短勤務へは「マイナス」ですが、時短勤務からフルタイムへは「プラス」です。

あくまでも考え方ですが「マイナス」よりも「プラス」のほうが前向きで良いイメージですよね。

パソコンスキルは低くても良い。なぜなら、入社してから覚えれば良いから

1つ気になるのが仕事をする上でのスキルですよね。

でも、はっきり言ってしまえば、パソコンスキルは低くても良いんですよね。

仕事で使用する範囲は限られていますし丁寧に仕事を教えてくれるのが一般的だからです。

ですから、パソコンスキルが低くても心配することはありません。

低いよりは高いほうが良いのは良いですが、それも「会社を休まないこと」があってのことです。

「会社を休まない人」が求められている|まとめ

企業は「会社を休まない人」を求めています。

パソコンスキルが低くても、毎日出勤すれば仕事は徐々にでも覚えられますから。

就労移行支援事業所を利用(通所)している人は、通所日を参考にして勤務日と勤務時間を決めると良いと思います。

無理のないところから始めて、徐々に勤務時間を延ばしていくのが精神面でも負担が少ないでしょう。

[st_af id=”1378″]

たくお

たくお

どーも、たくお、です。就労移行支援事業所を経て外資系総合人材会社に就職しました。音楽は、ユニコーンと奥田民生、スピッツ。食べ物は、ラーメン・つけ麺が好きです。チーズが食べられません。2019年6月から禁酒中です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です