健康

【健康診断】ベストコンディションで臨んだにもかかわらず、結果はボロボロ。心機一転ウオーキングをがんばります

投稿日:

どーも、たくお、です。

昨日(2019年10月22日)は、健康診断でした。

テレビが天皇の儀式で一色になる中での健康診断。

思えば、昨年(2019年10月)の健康診断も雨でした。雨男か。

禁酒生活を4か月以上続けた上での健康診断

今年の6月から禁酒生活を始めました。

自分でもよく続いたなあと感心します。

昨年の健康診断では、色々と血液検査の数値が悪い中の1つに「肝臓」がありました。

理由はアルコールを多飲していると思われて、ですから、今年の健康診断では禁酒生活に踏み切ったのです。

当然、アルコールを摂取していないので、「肝臓」の数値は改善していると思われました。

しかし結果は、γ−GPTの数値は横ばい。その他の数値は悪化していることが医師から告げられたのです。

「嘘でしょ」という思いがまず、第一。その次は、「なぜ?」という疑問が頭に浮かびました。

医師曰く、「肝脂肪の状態から肝炎に移行しつつある」と。「ここで食事・生活習慣の改善をしないと最悪の場合、肝硬変になるよ」と。

この言葉には、焦りました。だって、アルコールを摂取していないのに、数値が悪化しているからです。

食生活を変えればいいというのですが、どこをどのように変えると良いのかの説明はありません。

悩み考えていてもしょうがありませんから、とりあえず、かかりつけの内科医に相談することにします。

体重を2kg以上減量した上での健康診断

禁酒生活を4か月続けると体重も減ってきます。これに加えて、週1〜2回、スポーツセンターへ通って運動をしました。

結果、1年前より体重が2kg以上減りました。

昨年の健康診断で「急激にダイエットする必要はなく、1年に1〜2kg減量するイメージで、食・生活習慣を見直してください」と言われました。

私としては、医師の言葉通りに実践して2kgの減量に成功したわけです。

ですから、服薬している高血圧、高脂血症、高尿酸血症の数値が改善していると思っていました。

しかし、高血圧を除いて、他の2つはこれも数値が悪化したのです。

特に、悪玉コレステロールは服薬しているにも関わらずにです。

医師は「薬を飲んでこの数値だと、薬の変更が必要になる」とまで言い切りました。昨年のあの言葉は、どこへ行ったのでしょう。

ここまで来ると、もうやけくそです。

でも、ここで寿命を縮めるわけにはいきません。

気持ちを切り替えて、今朝からウオーキングを再開しました。週1〜2回の運動ではなく、毎日、運動することに決めたからです。

まとめ

ベストコンディションで臨んだ健康診断でしたが、結果はボロボロ。

しかし、ボロボロの結果でも現在の身体の状態がわかってよかったです。

やっぱり、年1回の健康診断は大切ですね。

これから毎日、運動を続けて来年の健康診断では良い結果がえられるようがんばります。

-健康
-

Copyright© おっさんのヒトリゴト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.