【ブログ論】特化ブログはつまらない。雑記ブログが私には向いている

どーも、ブログを再開して約半年が経過した、たくお、です。

ブログを再開してまず気になるのは、アクセス数でした。

今回は、はてなブログではなくWordPressで再開したので、アクセス数は伸び悩み。

まあ、当初はこんなもんだろう、と思っていたのですが、2か月、3か月と経過してもアクセスウは伸び悩み。

いろいろな人のブログを見ながら試行錯誤していますが、どうもダメみたいです。

で、「こうあるべきだ」というブログ論を投げ捨ててみたものの、未だ試行錯誤を繰り返しています。

ブログを再開した当初の目的を振り返る

アクセス数ばかり気になっていましたが、ブログを再開した当初の目的を振り返りました。

もともと、文章を書くのが苦手だった私が、前職で文章を書く面白さを味わってからは、文章を書くことが好きになっていました。

ですから、アクセス数ばかり気になっているのは本末転倒だなと。

読まれないよりかは読まれたほうがいいに決まっていますが、たとえ読まれなくても自分が好きな文章を書くことがブログの目的だなと思うようになりました。

自分が好きなことを書いて、ストレスを発散することもあれば、自分の文章に酔いしれることもありますから、それでいいのだと。

バカボンパパではありませんが、「これでいいのだ」。

特化型ブログを読んでいてつまらないと思うこと

まあ、このような経過もあって、自分が好きな文章を書き続けることが一番いいなあと思った次第です。

ブログ界隈では、特化ブログで月100万アクセスを叩き出し、収益化も成功している人がいます。

過去の自分は、この特化ブログを真似てみようかと思った時期もありました。

しかし最近、改めて特化ブログを読んでみて思ったことは、ワンパターン化しているなと。

ガジェット系の特化ブログですが、メーカーから商品の貸与を受けて、その商品を紹介するというもの。

まず、商品の外形を紹介して、スペックだとかその商品の特徴をつらつらと書いていく。

商品が違えば違った記事になるわけですが、商品名などを変えれば、成立する記事なんですよね。

なんのために記事を書いているのかといえば、「お金」です。

収益化に成功してそのレールが敷かれた途端に、ワンパターン化していく。

ですから、個性が出なくなり、つまらなくなるんですよね。

雑記ブログが私にはあっている

もちろん、私には特化ブログを真似しようとしても真似できません。

特化ブログで成功している人の足元にも及びません。これは、はっきりしています。

ですから、というわけではありませんが、私は、様々なことを書くという雑記ブログがあっているのです。

書籍の紹介や、就労移行支援事業所のこと、身の回りに起きた様々なこと、これらを書いていきます。

読む人にとっては、つまらないかもしれません。

しかし、私がブログを再開した当初の目的を考えれば、自然な落ち着きどころです。

まとめ

特化ブログを否定しているわけではありません。

私は、つまらないと思うし、自分にはあっていないだけなのです。

まあ、このようなことを考えつつ、今日もブログを書いているのでした。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事