大学選びの視点を変える時代!教員(教授)に焦点をあて大学を選んでみてはいかがですか

2 min 0 views
たくお

たくお

どーも、たくお、です。就労移行支援事業所を経て外資系総合人材会社に就職しました。音楽は、ユニコーンと奥田民生、スピッツ。食べ物は、ラーメン・つけ麺が好きです。チーズが食べられません。2019年6月から禁酒中です。

どーも、社会人になってからの方が勉強をしている、たくお、です。

今の時期、高校3年生は、志望校合格を目指して勉強に励んでいることでしょう。また、高校2年生のみなさんは、まだ、志望校を絞り切れていない人もいるのではないでしょうか。

ホント、大学選びって、難しいですよね。

「大学名」だけで選ぼうとしていないか

大学名の頭文字をとって「日東駒専」に「GMARCH」、「関関同立」はよく聞きますよね。同じくらいの偏差値(レベル)の集合体。

「私は、GMARCHを狙う」とか、「私の偏差値では、日東駒専かな」とか。

親も「早稲田に合格して欲しい」「最低でも、GMARCHでないと…」っていう会話をよく聞きます。

でも、ホントにそれで良いのでしょうかねえ。大学名がブランド化しているのはよくわかります。しかし、大学選びで大切なのは、「何を学ぶのか」、「学びたいのか」ということではないでしょうか。

有名大学を卒業した=勉強した、学んだ、とは言えません。

東京大学法学部を卒業して国会議員にまでなった人が、「立憲主義」を知らなかったという笑えない話が現実にありますしね。

大学選びの視点を変えてみる

大学には個性的な教授が多くいます。専門としている研究分野や、教授の問題意識など様々です。有名な大学だから、能力のある教授がいるとは限りません。

また、これから大学で学ぼうとしている人にとって、そのニーズに応えてくれるとは限りませんしね。

私は、社会人になってから法律を勉強するようになりましたが、この先生(教授)の講義だったら聴いてみたいと思う人が何人かいます。

南野森・九州大学教授

すでにご存じの人もいるかと思いますが、南野森・九州大学教授(憲法学)です。

南野教授といえば、元AKBの内山奈月さんとの共著である「憲法主義」が有名ですよね。

南野教授は、Twitterも頻繁に更新しており、時々ですが「飲みに行くひと〜」と夕食に誘ってくれます。

このように、おちょくられることもありますが、まあ、親しみやすいのではないでしょうか。

木村草太・首都大学教授

憲法学者が続いて恐縮ですが、木村草太・首都大学教授です。

気鋭の憲法学者として各地での講演やテレビ・ラジオなどのメディアにもコメンテーターとして多く出演しています。

先生の著書は多数ありますが、高校生にも理解できるようにと書かれたのが、「キヨミズ准教授の法学入門」です。

まとめ

まだまだ、紹介したい先生(教授)はたくさんいます。

今は、ネットで簡単に調べることができますから、ぜひ、勉強に支障が出ない範囲で「これぞ」という先生を探してみてください。

実りある大学生活を送るためにも、大学名だけにとらわれる大学選びをしないでくださいと願って。

では今日はこの辺で。。

たくお

たくお

どーも、たくお、です。就労移行支援事業所を経て外資系総合人材会社に就職しました。音楽は、ユニコーンと奥田民生、スピッツ。食べ物は、ラーメン・つけ麺が好きです。チーズが食べられません。2019年6月から禁酒中です。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です