【就労移行】「履歴書」はあなたの分身となって会社にアピールする

3 min 8 views
たくお

たくお

どーも、たくお、です。就労移行支援事業所を経て外資系総合人材会社に就職しました。音楽は、ユニコーンと奥田民生、スピッツ。食べ物は、ラーメン・つけ麺が好きです。チーズが食べられません。2019年6月から禁酒中です。

どーも、就労移行支援事業所で履歴書を作成するのに苦労した、たくお、です。

人生の中で履歴書を作成するのは、あまりないことですよね。でも、最近は終身雇用制が崩れつつあって転職する人が多くなってきたこともあり、以前よりは履歴書を作成する機会が増えているかもしれません。

体調を崩して退職しブランクがある人にとっても、就職しようと考えているのであれば履歴書作成は避けて通れない道です。

まさか私も50歳を前にして履歴書を作成するなんて思ってもいませんでした。

働く未来をあきらめない就労移行支援【パーソルチャレンジ】

仕事復帰を全力サポート | 就労移行支援のMelk

職場定着率90%!うつ症状専門の就労移行支援【シゴトライ】

統合失調症専門の就労移行支援【リドアーズ】

発達障害専門の就労移行支援【リンクビー】

できるだけ早く作成するのが良いです

履歴書はできるだけ早く作成することをお勧めします。

面接間際になって作成する人もいらっしゃいますが、ちょっと遅いですよね。

履歴書に記載することはほぼ決まっており、後々修正するのは「志望動機」くらいですからね。さっさと作ってしまったほうがいいんですよ。

就労移行支援事業所によって違いますが「履歴書を作成しよう」というプログラムがあり前半は記入するときの注意点を、後半で実際に記入し始めたりします。

私はその時間だけではたりなかったので、自習の時間を使って作成しました。

履歴書を作成するとモチベーションアップにつながる

就労移行支援事業所に通所していると「早く就職したい」という気持ちが湧いてきます。多くの人がこのように思い始めます。

でも、通所し始め体調が安定するまでには時間がかかります。体調が安定する以前の問題の人でも、このように思い始めるんですよね。

つまり、焦るんです。

私の周りにもいましたし、私自身もこのように思っていました。

就労移行支援事業所には最低でも6か月くらいは通所しなければいけません。別に期間が決まっているわけではありませんが、安定して通所できるようにならないと次のステージに進めません。

このような時期に履歴書を作成し始めるのです。作成し始めることによってモチベーションアップにつながります。

就職にはまだまだ早い時期ですが、作成することによって一歩一歩前に進んでいることが実感できるんですよ。

履歴書はパソコンで作成するのがお勧め

今の時代に「手書き」で履歴書を作成する人がいるのかと疑問に思う人もいるかもしれません。ですが、少なからずいます。

手書きだと間違えることはできないし、融通がきかないにもかかわらずにです。しかも、1社で採用が決まることはまず、ありえません。

私が知っている人は40社に書類を送付したと言っていました。全て手書きで作成することを考えると、気が遠くなります。

また、「職務経歴書」「私の障害について」とともに提出することを考えるとすべてパソコンで作成するのが統一感があっていいんですよね。

「私パソコン使えます!」アピールになるとは思いませんけど、一応は使えるということを知っておいてもらうことは損にはなりません。

「志望動機」に注力して添削してもらう

履歴書は添削してもらうことが大事です。添削といっても学歴や趣味・特技は変えようがありませんから添削の対象となるのは「志望動機」です。

履歴書のなかで一番大事なところが「志望動機」だからです。

そのためには応募しようとしている会社の事業内容や大事にしていることなどを細かく調べることを通じて会社をよく知ることです。

その上で「志望動機」を書くことになりますから「志望動機」は1社1社違う内容になります。私も苦労しました。

もし、ないとは思いますが、通所しようと考えている就労移行支援事業所が、履歴書などの提出書類の添削をしていないのであれば候補から外してください。問題外だからです。

まとめ

「この会社いいなあ」と思って面接を受けようとしてまず、履歴書などの書類を送付します。

履歴書はあなたの「分身」となって会社にアピールする役割を担いますから履歴書作成を軽視しないでください。

封筒に入れる直前まで、手直しするくらいの意気込みが必要です。

今はネットなどに履歴書の書き方などの情報が溢れるほど沢山あります。これらを有効活用するのも大事です。もちろん、コピペはダメですが。

まだ、先のこととは思わずにできるだけ早く作成し始めるとよいでしょう。

働く未来をあきらめない就労移行支援【パーソルチャレンジ】

仕事復帰を全力サポート | 就労移行支援のMelk

職場定着率90%!うつ症状専門の就労移行支援【シゴトライ】

統合失調症専門の就労移行支援【リドアーズ】

発達障害専門の就労移行支援【リンクビー】

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です