就労移行支援事業所の「OB・OG会」に参加し「疑問」「不安」を払拭しよう

3 min 0 views
たくお

たくお

どーも、たくお、です。就労移行支援事業所を経て外資系総合人材会社に就職しました。音楽は、ユニコーンと奥田民生、スピッツ。食べ物は、ラーメン・つけ麺が好きです。チーズが食べられません。2019年6月から禁酒中です。

どーも、就労移行支援事業所OBの、たくお、です。

就労移行支援事業所に通所していると
就労移行支援事業所のプログラムって役に立つんだろうか

 

いつになったら就活期に入るのか

就職できても会社に馴染むことができるのか

などの疑問や不安が出てきます。

この疑問や不安は通所し始めた当初から卒業(就職が決まる)まで、時期を問わず出てきます

疑問や不安を払拭するために、就労移行支援事業所の職員や通所者と話したりするのも有効ですが、0B・OG会(卒業生)に参加することを特におススメします。

就労移行支援事業所を見学した際には、OB・OG会が企画されているのかどうかを確認するようにしましょう。

働く未来をあきらめない就労移行支援【パーソルチャレンジ】

仕事復帰を全力サポート | 就労移行支援のMelk

職場定着率90%!うつ症状専門の就労移行支援【シゴトライ】

職場定着率93%!統合失調症専門の就労移行支援【リドアーズ】

発達障害専門の就労移行支援【リンクビー】

メリット①通所し会社に就職できた人に質問できる

これは、OB・OG会に参加しないと、疑問に思っていることなどを直接質問できませんから大きなメリットです。

私が通所していた就労移行支援事業所では、2019年6月上旬にOB・OG会を開催しました(次回の予定は2019年11月)。

当然、私も参加してきました。

当日のプログラム
①簡単な自己紹介

 

②通所者からOB・OGに質問する

③OB・OGから通所者へのひと言

OB・OGに質問する時間では、OB・OGが通所者がいるテーブルを回って、質問に答えるというもの。

通所者がすべてのOB・OGに質問できる機会があるというなかなか良い企画でした。

出された質問
どのプログラムが役に立ったか

 

実習にはいつ頃から行き始めたか

実際の面接はどのような雰囲気だったのか

会社で電話対応はしているのか

などなど。

通所者のみなさんは、あらかじめメモするなどして質問事項をまとめていた様子でした。

メリット②「焦らず」に「頑張ろう」という気持ちになる

就労移行支援事業所に通所していると、どうしても

このまま毎日、同じようなプログラムをしていて役に立つのか。

本当に就職できるのか。

など、ある種の「焦り」と「不安」「疑問」が出てきます

私も就労移行支援事業所に通所し始めて1年が経過しようとしていた頃

早く実習に行きたい

いつになったら模擬面接の段階に進むのだろうか

いつ就職できるのだろうか

と「焦り」と「不安」が出てきました。

どうしても他の通所者と比較してまって、「自分に遅れがあるのではないか」と考えてしまうんですよね。

また、私が気にしていたのは、世間体と親戚との関係です。

特に親戚との関係では、「まだ、無職か」と言われるのが辛かったです。

兄には、就労移行支援事業所に通所してプログラムに取り組んでいることを具体的に話していましたから良かったのですが、叔父さん・叔母さんに説明するのは簡単ではありません。

ですから、余計に焦っていたんですよね。

でも、就職した後ですが、

https://nisitaku.com/wp-content/uploads/2019/07/IMG_00000005-3.jpg

たくお

あの時、就職していなくて良かった

https://nisitaku.com/wp-content/uploads/2019/07/IMG_00000005-3.jpg

たくお

就職できる時期は必ず来るんだなあ

と実感しました。

「生の声を聞くことができる」機会はそんなにない

私が通所していた就労移行支援事業所では、半年に1回のペースでOB・OG会を企画しています。

早い人だと6か月くらいで就職が決まりますから、1回企画されるかどうか。

長い人でも2年ですから、3〜4回くらいです。

OB・OGの「生の声を聞くことができる」機会はそんなにはありません

ですから、OB・OG会が開催されるなら、他の予定を入れないで優先して参加すべきだと私は考えます。

「悩み」や「不安」があるならなおさらです。OB・OG会に参加して直接質問して払拭することが大事です。

まとめ

私が就労移行支援事業所に通所していた時は、開所したばかりで卒業生が少なかったこともあってOB・OG会はありませんでした。

「不安」や「疑問」を払拭するには、自分で解決するか就労移行支援事業所の職員に話すしかありませんでした。

現在は状況が違うと思います。

ただ、就労移行支援事業所によってはOB・OG会を開催できないか、企画自体がないかもしれませんので見学した際に確認するようにしてください。

働く未来をあきらめない就労移行支援【パーソルチャレンジ】

仕事復帰を全力サポート | 就労移行支援のMelk

職場定着率90%!うつ症状専門の就労移行支援【シゴトライ】

職場定着率93%!統合失調症専門の就労移行支援【リドアーズ】

発達障害専門の就労移行支援【リンクビー】

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です