スターサーバーから、ConoHa(このは)サーバーに乗り換えました

どーも、初めてWordPressでブログを運用している、たくお、です。

2019年6月(4年ぶり)にブログを再開しました。

当初は、ライブドアブログで始めましたが、独自ドメインを再取得(nisitaku.com)したこと。

ライブドアブログの「広告を非表示にできない」などの不満もあってWordPressに挑戦してみようと思うようになりました。

[st-kaiwa1]50歳にして初めての挑戦です[/st-kaiwa1]

そこで、レンタルサーバーをどうするか迷っていたところ、「スターサーバー」が安くて(月額500円)いいんじゃないかと思い申し込みました。

でも、お試し期間中にConoHaサーバーを見つけて即乗り換えました。

国内最速(2019年7月時点)のConoHaサーバー

ConoHa WING2

国内最速をアピール

約2倍速い!

「国内最速」と言われても私には理解できません。

口コミを見ていると、「サーバーをConoHaに乗り換えただけでサイトの表示が速くなった」と熟練ブロガーさんが言っているのを見ると、「へー、そうなんだ」「速いは正義」みたいな気分になって、気持ちが揺らぎ始めたんですよね。

みなさんも経験ありませんか?見ようとするサイトの表示速度が遅くてイライラして「もう、いいや」と別のサイトに切り替えたりしたことが。

なので、遅いよりは、速い方がいいかなと思ったのが理由の1つです。

契約期間の縛りがないConoHaサーバー

ベーシックプランでも十分

一般的なレンタルサーバーは月額の料金が設定されていて、長い期間契約すると割引になるというシステムなんですよね。

例えば、月額1,000円のところ、12か月契約では月額900円、36か月契約では月額800円と長期の契約になるにしたがって割引料金になります。

でも、月額料金を低く抑えようとすると長い期間の契約が必要となります。

この点、ConoHaサーバーは、1時間2円(ベーシックプラン)という料金設定で、ひと月の上限が1,200円(税抜)。

単純に比較はできませんが、他のレンタルサーバーよりは若干高めです。が、いつでも契約を解除できますので、一度、試してみるのも良いかもしれません。



料金設定も納得でき、初期設定費用が0円

上記でも触れましたが、料金についてです。

「1時間2円で、ひと月の上限は1,200円は良心的」などなど。

まあ、私が見た熟練ブロガーさんと思われる感想を見ていると「これは、乗り換えるしかない」という気持ちになりました。

レンタルサーバーを乗り換えるにあたっては熟練ブロガーさんたちの間で人気のある「エックスサーバー」も候補に挙げていましたが、その差、月額で約300円です。

300円追加で払って「最速を手に入れるんだ」という気持ちになってしまいました。

あと、「普通」のレンタルサーバーは、初期設定費用として3,000円程必要ですが、ConoHaサーバーは必要ありません。この点もうれしい価格設定です。

「WordPress簡単移行」機能がうれしい

WordPress初心者にとって、レンタルサーバーを乗り換える時に立ちはだかるのがWordPressの移行です。

はっきり言って私は、どのような作業が必要で、何に注意しなければならないのかさえ分かりません

多分、事前にバックアップを取ってとか必要なのかもしれないけれど、そんなめんどくさいことをするくらいなら乗り換えません。

でも、ConoHaサーバーには「WordPress簡単移行」機能があって、現在契約しているサーバーで使用しているパスワードなど2、3の項目を入力して簡単に移行することができました。

実に簡単。神業かと思いました。

8月30日からWordPress移行代行サービスを開始+最大20,000円のキャッシュバック

2019年8月30日からWordPress移行代行サービスを開始しました。

6,980円〜と有料ですが、WordPressかんたん移行では不安な人は移行代行サービスを利用すると安心です。

データまるごと移行やSSL対応、ネームサーバーの設定までも行ってくれます。

また、移行代行サービス開始を記念して、他社からの乗り換えで最大20,000円のキャッシュバックを行っていますので、気になる人は是非チェックしてみてください。

詳しくはこちら

まとめ

ConoHa WING3

セキュリティ対策も十分です

レンタルサーバーとは長い付き合いになります。途中で乗り換えることも可能ですが、リスクを伴うのから、できれば避けたいですよね。

このように考えると、最初のレンタルサーバー選びがとても大事だということになります。

レンタルサーバーが多くて何を基準に選んだら良いか迷うところですが、この記事が参考になればうれしいです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事